コーチが見込み客を継続的に獲得する方法

コーチが見込み客を継続的に獲得する方法

コーチというビジネスは、店舗を持つ必要も在庫を抱える必要もありません。

ですので、初期費用がなくても始めることができるビジネスです。

しかし、参入するハードルが低い分、見込み客を獲得できず継続することができなくなるケースも少なくありません。

そこで、この記事では、安定して継続的にビジネスを行う為にWeb上で見込客リストを取得する方法についてお伝えします。

SNSに頼った見込み客リスト取得の危険性

今、もっとも見込み客リストを獲得できるのはSNSです。

無料で使える上に、1円も使わずにある程度の見込み客リストを獲得することができます。

しかし、このSNSにも欠点があります。

それは、現在流行っているSNSが衰退してしまったり、サービス停止になったりする可能性があるということです。

今、代表的なSNSは、FacebookやTwitter、インスタグラムなどです。

しかし7,8年前に日本で爆発的に流行したMixiはピークが過ぎ衰退しています。

過去にMixiを使い見込み客を獲得することが容易でしたが、現在は難しい状況です。

このように、大流行したツールでも数年後には、その効果が低減してしまうことがあるのです。

そのため、安定して継続的に見込み客を集める為には、SNSに頼りきってはいけないということです。

つまり、流行に乗るのではなく、あなたの自身が所有できるモノで見込み客リストを集め続けることが大切なのです。

継続的に見込み客リストを取得する方法

SNSに頼らずに、見込み客リストを集める最もシンプルな方法は、あなたのWebサイトにアクセスしてくれたユーザーにメールマガジンを登録してもらうという方法です。

しかし、現在はこの方法では中々メールアドレスを登録してくれません。

実際にWebサイトを持っている方は既にやっているとは思いますが、年々、効果が薄れていると感じているはずです。

100名がサイトに来たとしても、登録してくれる人は1名いるかどうかです。

この1%以下を8%まで高める方法があります。

それは、集客ページを活用するということです。

ランディングページの活用

集客ページというのは、ランディングページと呼ばれる集客することに特化した、縦長のページです。

ランディングページを準備することが、見込み客リストを取得し続けるためにとても重要になります。

弊社では、ランディングページを使うことによって、登録率を8%まで上げることに成功した例があります。

Webサイトに100人のアクセスがあった場合、メールアドレスを登録してくれる方は8人になるのです。

ランディングページを用意していない時が1人なので8倍にアップするということです。

アクセスを多く集めることができたとしても、見込み客リストの獲得率が低ければ、ビジネスが安定しません。

メールアドレスを登録してくれる割合を高めることが、ビジネスを安定させる為に重要なのです。

ランディングページの作り方

登録率を8倍にするランディングページを作るには、3つのコツが必要です。

  1. メールアドレスを取得することに特化すること
  2. 他ページへのリンクを付けないこと
  3. 有料級のプレゼントを付けること

1:メールアドレスを取得することに特化すること

まず1つ目は、ランディングページはメールアドレスを取得することが目的です。

それ以上でもそれ以外でもありません。

メールアドレス取得に特化するのです。

別の目的を持ったページを作っても、結果として反応の無いページになってしまいます。

ランディングページは、入力する項目が多ければ多いほど登録率が下がってしまいます。

必須ではなくても名前や住所、電話番号、などの入力項目があるだけでも登録率は激減します。

ですので、メールアドレスのみを残してもらうことで登録率は上げられるのです。

2:他ページへのリンクを付けないこと

2つ目のコツは、他ページへのリンクを付けないことです。

つまり、ランディングページを開いた人は登録するか、閉じるかしかできない状態にすることです。

他ページのリンクを付けてしまうことで、訪問者は目移りしてしまうのを防ぐためです。

ランディングページに惹き込む為にも他の情報は掲載させないようにしておくことが大切なのです。

3:有料級のプレゼントを付けること

3つ目は、あなたの知識やノウハウをまとめた有料級のプレゼントと交換にメールアドレスを登録してもらうということです。

「メルマガ始めました。登録してください」と言っても誰も登録してくれません。

しかし、「○○の極秘ノウハウが詰まった合計5時間にも及ぶ10本の動画をプレゼントします」と言えば、登録者が増えることが予想できるでしょう。

言い方が良くはありませんが「餌」がなければ登録してもらえないのです。

メールアドレスは、個人情報です。

個人情報を残してまでも手に入れたいと思えるプレゼントを作り提供しましょう。

半自動で見込み客リストを集める

ランディングページを作ったら、メールマガジンASPと契約しステップメールを組めば、半自動集客の仕組みが出来上がります。

メールマガジンASPはいろいろありますが、必ずステップメールの機能がついているモノを選びましょう。

ここまでできたら、ランディングページのURLをSNSなどで公開するれば自動的に見込み客リストを集めることができるようになります。

リスト管理

見込み客リストを集めたら、しっかりと管理しなければなりません。

メールアドレスは顧客情報ですので、絶対に漏洩させるわけにはいかないのです。

コーチやコンサルタントといった個人起業家の場合、大企業のように大量の個人情報を扱うことは無いと思います。

しかし、個人情報は量に関係なく、しっかりと管理、整理しておく必要があります。

一般的に有料のメルマガASPであれば、リスト管理を自動でできます。

登録者を手作業で1つ1つ分けていたら大変な作業となるので、しっかりと事前に自分が分かりやすいように設定しておきましょう。

まとめ

この記事では、安定して継続的にビジネスを行う為にWeb上で見込客リストを取得する方法についてお伝えしました。

  • SNSに頼りきってしまう集客法は危険性があること
  • コーチが見込み客を継続的に獲得するためにはランディングページが必要だということ。
  • 登録率を高めるランディングページはコツがあること
  •  1:メールアドレスのみを取得することのみに徹する
  •  2:他のリンクを貼らない
  •  3:有料級のプレゼントを付ける
  • 半自動で見込み客リストを集める為の導線をつくること
  • リスト管理について

などをお伝えしました。

 

 

質問や疑問がありましたら、ぜひ下記バナーをクリックしご相談ください。

【無料】ブログ集客オンラインセミナー