コーチが見込み客との関係を深めファンにする方法

コーチが見込み客との関係を深めファンにする方法コーチやコンサルタントは、自ら「コーチングを受けてください」「コンサルティングを受けてください」と営業すればするほど見込み客は不信感を感じて、信頼できなくなってしまいます。

見込み客から「お願いします!」と言われるようにしていくことが必要なのです。

そのためには、あなたと見込み客との間に、先生と生徒に似た「コーチ(コンサルタント)とクライアント」という関係性を構築することが大切になります。

一般的ビジネスでの関係性は、「商品提供側」「購入者」です。

つまり、販売者とお客様の関係です。

コーチやコンサルタントが「販売者」と「お客様」という関係になってしまうと、お客様は話をなかなか聞いてくれません。

同じ位置、もしくは1ミリ上の関係を作らなければ、うまくいきません。

間違っても下になってはいけないのです。

コーチやコンサルタントの中には、顧客を獲得したいあまり積極的な営業を行い、クライアントではなくお客様を獲得してしまい、「言うことを聞いてくれない」と悩む人が多いです。

自らやりずらい、環境を作ってしまっているのです。

このような状況を作らない為に、この記事では、コーチが見込み客との関係を深めファンにする方法をお伝えします。

積極的な営業ができないコーチやコンサルタントは、見込み客リストを集めても、関係性が築けなくて成約までいかないケースが多いです。

ですので、見込み客との関係を深めファンにすることが重要になるのです。

見込み客と短期間で信頼関係を構築する方法

ネット上で見込み客と信頼関係を築いていくためには、見込み客が欲しいと思っている情報や知識、ノウハウを提供することです。

つまり、価値を提供し続けることです。

見込み客リストに対して、情報発信をすることで、価値を感じて信頼が成り立つのです。

以前もお伝えしていますが、その際に「接触頻度」が重要になります。

接触頻度が高ければ、関係性が深まります。

接触頻度が高ければ関係性が深まる

例えば、恋愛で考えてみましょう。

初対面の異性にいきなり「付き合ってください」と言っても、良い返事をもらえる確率は凄く低いです。

しかし、マメにLINEをしたり、食事に行ったりすることで、どんどん確率を上げることができるようになります。

最初は何とも思っていない人であっても、毎日LINEでやり取りをしていると、少し気になり始めます。

このように接触頻度が多ければ、最初は何とも思っていなくても、気になり始めるという変化が出てくるのです。

 

これをあなたがやるべきなのです。

ステップメールの活用

しかし、毎日取得し増え続ける見込み客リストに対して、メールを毎日、手動で配信することは凄く大変な作業です。

そこで、ステップメールを使うことで自動化することができるのです。

ステップメールは、登録されたメールアドレスに対して、事前に登録したメールを順番に配信する機能です。

つまり、登録直後の折り返しメール、その後、数日間のメールをあらかじめ作っておくことで、自動的に見込み客にメールで接触してくれるのです。

その結果、自動で見込み客との関係性が深まっていくのです。

このステップメールのシステムは、今はほとんどのメールマガジンASPに導入されています。

メールマガジンASPを登録する時に、ステップメール機能があることは選ぶ基準にすべきです。

ステップメールを活用することは、有効な手法です。

あなたのファンするメルマガのコツ

コーチが見込み客との関係を深めファンにする方法

ステップメールを使い自動で見込み客と信頼関係を構築したら、メルマガでも仕掛けを行います。

何だかんだ言って、未だにメルマガを使ったマーケティングが最強です。

インターネットには、「Pull型」「Push型」があります。

 

ホームページやブログは「Pull型」です。

見込み客がホームページやブログを見なければ、こちら側からは何もできないのです。

たとえ良いコンテンツを作っても、見てもらいメルマガ登録やお問合せなど、行動してもらうまでは何もできないのです。

一方で、メルマガは「Push型」です。

ホームページやブログとは違い、あなたが伝えたいときにメッセージを送ることができるのです。

例えば、セミナーを開催する場合には、メルマガを配信することで、直接セミナー告知をすることができます。

ホームページやメルマガとは違い、こちら側から届けられるのです。

勿論、Pull型があるからこそ見込み客リストが手に入るので、どちらが良い悪いではなく、両方必要です。

ここでは、見込み客との関係性を深める為には、Push型のメルマガが最適だということです。

コンテンツの再利用

「メルマガに何を書いたら良いのか分からない」という質問を頂くことがあります。

そこでおすすめなのが、コンテンツの再利用です。

「ブログ」は絶対にオリジナルのコンテンツでなければいけません。

なぜなら、検索上位表示させてこそアクセス数が増えるからです。

しかし、ブログで時間を使い、メルマガで時間を使っていては、時間が足りません。

更に、YouTubeやSNSなどいろいろなメディアでそれぞれ違うコンテンツを作っていたら、それだけで1日が終わってしまいます。

そこで、弊社では基本をブログに置き、コンテンツの再利用を行っています。

  • ブログはオリジナルで良質なコンテンツを作る
  • メルマガはブログコンテンツの要点だけをまとめリンクを貼る
  • YouTubeは、ブログを読み上げ動画にする
  • SNSは、ブログのリンクを貼る

このように、WEBを活用した情報発信の場合は、複数のメディアでコンテンツを上手に流用することが効率的です。

プレゼント攻撃

弊社では、メルマガに登録された見込み客に対し、様々なプレゼントを定期的に送っています。

それを弊社では「プレゼント攻撃」と何のひねりもない言い方をしているのですが、これが大きな成果に繋がっています。

そのプレゼントの内容は様々で、動画であったり、音声であったり、レポートであったりするのですが、時には有料で販売している動画やセミナー動画などもプレゼントしています。

勿論、どれも見込み客が価値を感じてくれるようなモノです。

後にクライアントにこう言われました。

「プレゼントの中身が凄い情報ばかりで、それを無料でくれるということは、実際にコンサルを受けたらもっと凄いモノを得られると思い申し込みました。」

中途半端にノウハウを隠すのではなく、出し惜しみしないことが最も効果的だと改めて気づきました。

是非、見込み客リストを集め、見込み客に価値を提供していく仕組みを作ってみてください。

まとめ

この記事では、コーチが見込み客との関係を深めファンにする方法についてお伝えしました。

  • 販売者とお客様ではなく、コーチ(コンサルタント)とクライアントの関係を築く
  • 接触頻度を増やすことが深い関係にする
  • ステップメールを使い、自動で信頼構築をする
  • メールマガジンは、コンテンツを再利用すると時間短縮できる
  • ときどきプレゼントを提供する

これらをお伝えしました。

記事内に「コーチやコンサルタントはクライアントと同じ位置、もしくは1ミリ上にいなければならない」と書きましたが、これは私がこれまで経験してきて感じたことです。

「偉そう」とか「傲慢」とか思われるかもしれませんが、時代が進むにつれて、過去の常識が通用しないことが増えています。

過去に行った講座で、実際に行動した方が結果を出している中、行動しないのに「私はお金を払っているんだから成果を出してください。出せないのであれば全額返金してください」と理不尽なことを言われてしまったこともあります。

だからこそ、コーチやコンサルタントは「お客様を獲得してはいけない」と感じています。

クライアント獲得ができずに焦ってしまう気持ちは凄くよくわかります。

しかし、間違ってお客様を獲得してしまうと、絶対に後悔することになるので、この記事を読んでくださった方は、注意してくださいね。

質問や疑問などがありましたら、下記からご相談ください。

 

 

【無料】ブログ集客オンラインセミナー